MAISON MARGIELA メゾン マルジェラ Tシャツ オーバーサイズ S50GC0610-S20079 メンズ レディース

Detail

ポイント 592
販売価格 59,290円(税5,390円)
購入数
カラー
サイズ

■商品説明:Maison Margielaのシルエットに定評のあるTシャツです。
オーバーサイズでリラックスながらも、まとまりのあるシルエットです。
全体に色落ち加工と胸元にあしらった無地の長方形のコーナーにホワイトのステッチマーク入りで、胸と後ろ襟にシグネチャのホワイトのステッチがあり。
1枚ではもちろんジャケットやアウターからのぞかせてもハイセンスな着こなしに。
■カラー: BLACK
■性別:ユニセックス
■原産国:イタリア製
■素材:コットン100%
■サイズ(約):【46】肩幅61cm 身幅65cm 着丈72cm 袖丈26cm
【48】肩幅62cm 身幅67cm 着丈74cm 袖丈26cm
【50】肩幅64cm 身幅69cm 着丈76cm 袖丈27cm
■シーズン:2020年春夏
■備考:ご使用になられているモニターや端末により、実際の色と多少異なる場合がございます。
■概要
1988年ベルギー出身のデザイナーである、マルタン・マルジェラによって設立された、フランスのパリ発のファッションブランド。元々は、Maison Martin Margielaというブランド名であったが、2014年、クリスチャン・ディオールなどでデザインを担当していたこともあるジョン・ガリアーノのクリエイティブ・ディレクター就任を経て、2015年に、MAISON MARGIELAというブランド名に変更された。1989S/Sコレクションからパリコレクションに参加。このデビューコレクションでは、それまでの流行であったゆったりとしたシルエットに対して、スリムでタイトなシルエットのジャケットやボトムスを提案するといった常識を覆すクリエーションが一躍脚光を浴び、「デストロイ・コレクション」と称されるとともに、デビューコレクション以降もブランドの代名詞となっている。
■歴史
1988年、Maison Martin Margielaスタート。1989S/Sパリコレクションに初参加し、「デストロイ・コレクション」として注目される。はじめはレディースラインのみだったが、1999 S/Sからはメンズラインも開始した。1998S/Sのコレクションにてコム デ ギャルソンとのコラボレーションを発表。2000年にブランド初の店舗を東京に開業したりするなど、特に日本での知名度が高くなる。日本以外では、2002年にベルギーのブリュッセルとフランスのパリに店舗を持ち、この頃からグローバルな店舗展開が行われるようになった。2008年、20周年アーカイブ展が東京にて開催されている。2009年、マルタン・マルジェラではなく、デザインチームがデザインを担当していくことが発表された。その後、2014年にクリエイティブ・ディレクターとして、ジョン・ガリアーノを迎え、翌年、MAISON MARGIELAへと改名された

Detail


Check Item

Instagram